取扱業務

個人向けサービス

交通事故

低い損害賠償金額に泣き寝入りしない。
被害者の側に立って弁護士が交渉します。
事故を起こした相手の保険会社の言いなりにならず、徹底して被害者の側に立ち、賠償金や慰謝料の交渉に当たる。「みお」は一貫してこの姿勢を貫いてきました。被害者が保険会社と直接交渉するのと、弁護士が代理人として交渉するのとでは、案件により金額に大きな差が出ることがあります。「みお」には、判例研究で得たノウハウを積んだ精鋭の交通事故弁護士チームが存在します。加えて京都特有の道路事情に通じていることも強みとなり、多数の判決を勝ち取ってきました。解決事例は法律専門誌でも紹介されています。私たちは、あなたの交通事故の賠償問題を解決へと導きます。
交通事故の解決事例
交通事故のおすすめサービス

債務整理(借金問題)

返せないお金の悩みを法律が解決。
債務をリセットして、人生の再出発を。
「もっと早く相談すればよかった」借金問題を解決された多くの方のお言葉です。日々、厳しい取り立てに追われているような深刻なケースでも、弁護士が関わることで状況は改善されます。債務整理を弁護士に委任すると、弁護士が、金融会社との交渉を代理します。交渉中は一時的に返済を止めて、整理後の返済の準備をすることになりますので、この間に問題解決への方法をご一緒に考えていきましょう。場合によっては過払い金が戻ることや、借金が減額されることもあります。民事再生や自己破産などに至る場合も、目ざす目標は生活の立て直しです。ためらうことはありません。費用の面でも「みお」は配慮します。安心して、ご相談ください。

B型肝炎訴訟

給付金を速やかに受給するために
複雑な請求手続きを弁護士にお任せください。
集団予防接種によりB型肝炎ウイルスに感染された方に対して、国から給付金(最大3、600万円)が支払われるという制度があります。ただし、給付金を受けるには国に対して裁判所において調停等を起こし、和解する必要があります。カルテの収集や訴状の作成、裁判所との対応など、専門的で複雑な手続きは「みお」の得意とするところです。私たちは、この特別措置法が制定された当初からB型肝炎訴訟と取組んできました。ご相談者の数は5年間で3,、000名以上。これまで手続を諦められていた方が、「みお」での相談を経て給付金を獲得されたという事例もあります。給付金の請求期限は平成34年1月12日です(平成29年〇月〇日時点)。対象となる可能性のある方は、すぐにご相談ください。

過払い金請求

払い過ぎたお金や利息を取り戻せます。
時効になる前に返還請求を起こしましょう。
消費者金融などから法定金利以上の利息で借り入れをされていた方は、過払い分のお金の返還を求めることができます。いつ借りたか(取引年数)、どこで借りたか(金融会社名)さえわかれば、弁護士が取引履歴を取り寄せて過払い金の有無を調査し、回収金額の目安を計算します。調査や計算にかかる初期費用はすべて無料です。過払い金があるとわかれば、回収を弁護士が代行。後払いの成功報酬なので費用の点も安心です。「みお」京都駅前事務所は、JR京都駅付近のいろいろな業種のテナントが入居する一般的なオフィスビル内にありますので、人目を気にせず気軽に、お越しになれると思います。完済後の方も、返済中の方も、心当たりのある方は、ぜひ「みお」にご相談ください。
過払い金請求のおすすめサービス

離婚問題

不安や不満のない「再出発」のために、
男女それぞれの目線で寄り添い、サポート。
離婚の話し合いは、夫婦だけではこじれることが少なくありません。客観的な判断のできる第三者を交え、互いが同意できる結論を導き出すことが望まれます。離婚には親権•慰謝料•財産分与など多くの問題がからみます。これらをスムーズに解決するためにも、早い段階で弁護士に相談されることをおすすめします。「みお」には男女の弁護士が在籍しており、ご夫妻のお気持ちに寄り添いながら、男女それぞれの目線で理解し、話し合いや手続きを進めます。私たちは、離婚を“人生の再出発”と前向きにとらえています。再出発のその日まで「あなたの味方」として、ベストな問題解決の方法を一緒に考えていきます。

相続問題(遺言作成•相続手続き)

遺産が少額でも相続争いは起きるもの。
弁護士の助言を得た正しい遺言書作成を。
遺産をめぐる身内同士の争いは金額が少なくても起こります。遺族が争うのを防ぐためにも、遺言書の作成は重要です。遺言書には民法で定められた細かな規定があります。法的に有効な遺言書を残すには、弁護士への依頼をお勧めします。「みお」では、弁護士と司法書士や行政書士が連携。手続きや書類作成を不備なく、確実に進めます。とくに、京都は古い土地柄ということもあって、相続登記が済んでいない土地を相続することになると、何代も前に遡っての調査が必要になるという事態にもなりかねません。生前のご遺志を実現し、死後の遺産争いを回避するためにも、相続への備えについては、私たちをお役立てください。
相続問題の解決事例
相続問題のおすすめサービス

保険金不払い請求

一般人が保険会社と交渉するのは至難の業。
弁護士の力で正当な保険金獲得を。
安心を得るために加入したはずの生命保険がトラブルの種になることは珍しいことではなく、全国で1年間に数千件もの苦情が寄せられています。契約者に悪意がなくとも規約違反と言われて、保険金の支払いを拒否されることがあります。かといって一般の方が保険会社と協議しても、知識量・情報量の差は大きいものがあります。生命保険の不払いでお困りの方は、法的知識と検証力、交渉力を備えた「みお」の弁護士にご相談ください。丁寧な調査のもと、事実を積み重ねながら問題解決にあたります。なお、生命保険金の支払い請求権は3年で時効を迎えますので、できるだけ早くご相談ください。

刑事事件

大切なご家族の逮捕という非常事態!
最初にすべきは頼れる弁護士への依頼です。
万が一、ご家族が逮捕されてしまったら…。動揺されるお気持ちはわかりますが、逮捕=有罪というわけではありません。一刻も早く弁護士にご依頼ください。事実に反する供述をしてしまわないためにも、逮捕直後の弁護士の接見はとても重要です。逮捕された方にも自分は独りではない、頼れる弁護士がついているという安心感が生まれます。ご家族を長期拘留、自白の強要、冤罪から守るためにも、できるだけ早く「みお」の弁護士にご連絡ください。

未払い残業代支払い請求

時間外労働をサービス残業に終わらせないために
弁護士と社労士が力を合わせてサポート。
会社から管理職だといわれているから、手当に含まれているといわれたから、会社は指示していないといわれたから…などの理由で、残業代が払われないというトラブルが後を絶ちません。しかし、残業代が発生する場合、発生しない場合については、様々な条件が設けられているため、判断することは容易ではありません。ご自分の時間外労働を残業代として請求できるかどうかについて、弁護士にご相談ください。「みお」には労働問題の専門家というべき社会保険労務士が在籍。未払いだった残業代の回収に取組みます。残業代請求は2年で時効を迎えます。ご相談はお早めに。

労災

適正な障害補償給付・障害給付を受け取るために
後遺障害等級認定手続きをサポート。
事故を起こした相手の保険会社の言いなりにならず、徹底して被害者の側に立ち、賠償金や慰謝料の交渉に当たる。「みお」は一貫してこの姿勢を貫いてきました。被害者が保険会社と直接交渉するのと、弁護士が代理人として交渉するのとでは、案件により金額に大きな差が出ることがあります。「みお」には、判例研究で得たノウハウを積んだ精鋭の交通事故弁護士チームが存在します。加えて京都特有の道路事情に通じていることも強みとなり、多数の判決を勝ち取ってきました。解決事例は法律専門誌でも紹介されています。私たちは、あなたの交通事故の賠償問題を解決へと導きます。

アスベスト被害賠償

該当者であることの証明が困難な場合も
「みお」の調査力で必要書類の収集を強力にサポート
事故を起こした相手の保険会社の言いなりにならず、徹底して被害者の側に立ち、賠償金や慰謝料の交渉に当たる。「みお」は一貫してこの姿勢を貫いてきました。被害者が保険会社と直接交渉するのと、弁護士が代理人として交渉するのとでは、案件により金額に大きな差が出ることがあります。「みお」には、判例研究で得たノウハウを積んだ精鋭の交通事故弁護士チームが存在します。加えて京都特有の道路事情に通じていることも強みとなり、多数の判決を勝ち取ってきました。解決事例は法律専門誌でも紹介されています。私たちは、あなたの交通事故の賠償問題を解決へと導きます。

法人・事業者・団体向けサービス

顧問契約 会社法務

中小企業を「法」の力で強力支援。
トラブルを予防し、経営力アップに貢献します。
企業コンプライアンス(法令遵守)が重要視される昨今は、経営に企業法務の専門家によるサポートが重要です。いつ起こるかわからない社内外のトラブルに対しては、予防法務という観点からの備えが有効です。「みお」の弁護士は、「ホームドクター」ならぬ「ホームロイヤー」として、中小企業の皆様の経営力を法的に強化サポートします。労働問題はもちろん、IT分野から著作権・特許・セクハラ・パワハラなど、広い範囲にわたる問題に対応。気になる顧問料についても、ムダなくご利用いただけるサービス・費用を設定しました。お気軽にお問い合わせください。

会社設立サービス

起業にまつわる手続きをワンストップサポート。
しかも、大きな安心までついてくる。
これから起業をお考えの方を、「みお」はとしての総力を挙げて支援します。私たちの<会社設立サービス>には、設立時に必要な届出や申請に関わる手続きはもちろん、弁護士による諸手続きの監修、弁護士・税理士への相談までが含まれています。設立後の労務問題、税務問題への対応、許認可・助成金の申請など、各種士業によるサポートもオプションでご用意(費用は別途お見積り)。複雑な手続き業務を専門家に任せることにより、お金と時間を有効に使うことができるうえ、これからの事業展開に、「専門家のサポート」という大きな安心がプラスされます。

会社破産•清算手続き

清算は、再起のための第一歩。
スムーズな手続きは弁護士の手で。
債務が膨らみ、資金繰りも途絶えて経営が困難になった場合は、やむなく会社をたたむ(破産・清算する)ことになります。会社破産・清算には、法的な手続きが必要です。諸方面への届け出を作成したり、裁判所に出向いたり、債権者や従業員と交渉したりする必要があります。煩雑な手続きは、「みお」におまかせください。弁護士が会社の状況を確認し、事業をたたむ最適なタイミングを検討した上で、依頼者とともに手続きを進めます。破産を機に再起を図った方も数多くおられます。「破産」という言葉につきまとうネガティブなイメージは払拭し、「みお」の弁護士にご相談ください。私たちが人生と企業の再建に向けて全力でご支援します。

立ち退きサポート

まずは知りたい立ち退き料の目安を
無料相談の段階から情報公開。
「入居者への立ち退き料は、いくら払えばいいのか」とお悩みの不動産オーナーや管理会社の方に、「みお」の<立ち退きサポート>がお役に立ちます。私たちは、立退料の目安を過去の解決事例をもとに検討しますので、費用の点で二の足を踏んでおられた貸主の方も次の一歩が踏み出せます。訴訟になって時間的・経済的損失が増えることを考えると、双方が受け入れ可能な範囲の立ち退き料を支払って円満に解決するほうが得策になる事例も多くあります。立ち退き請求には時間がかかります。早期解決のためにも早めに「みお」にご相談ください。